時期は関係あるのか

厄年が近づくと、「そろそろ、厄払いをしておいた方が良いだろうか?」と思われる方が多いと思います。
女性の場合には、特に厄年を気にする方が多いでしょうから、「ちゃんと、厄払いをしておきたい」と考えている方も多いでしょう。しかし、いざ厄払いをしようとした時、「いつからが、厄払いの時期に入るんだろう?」と思われるのではないでしょうか。

では、厄払いの時期はいつが良いのでしょう?毎年、お正月になると初詣に出かける方が多いと思います。その際、神社で「今年は、厄年に入るんだ」と気づく方もいると思います。「ということは、もう厄払いをしても良いのだろうか?」と思われるかもしれませんが、「誕生日は迎えていないから、まだだろう」と思われる方もいるでしょう。
実は、厄年の区切りというのは、誕生日ではなく、1月1日が区切りです。ということは、「今年は厄年」という方は、誕生日を迎えていなくても、1月1日に入れば厄年の時期に入っているということなのです。厄年というと、年齢が関係してきますから、ついつい誕生日などを区切りと考えてしまいがちですが、区切りは1月1日のお正月だそうです。「今年は、厄払いをしよう」と考えている方は、1月1日を過ぎれは既に厄払いの時期に入っているということになりますから、早めに厄払いを済ませておくと安心でしょう。
このように、女性の方は厄年を気にする方が多いと思いますが、厄払いを行う際には厄払いの時期に入って早々に行っておいた方が安心です。厄払いの時期は、誕生日以降ではありませんから、お正月を迎えたらすぐに厄払いを行うと良いでしょう。早めに厄払いを済ませておけば、気持ち的にもすっきりしますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です