厄払いの時は礼儀ある服装で

厄払いをする際、「服装なんて、何でも良いだろう」と思っている方が多いと思います。「特別なことをするわけではないし、人前に出るわけでもないから、何を着ていっても良いだろう」と思っている方は多いでしょう。しかし、厄払いを行う際には、神様や仏様がいる場所で行われることになりますから、失礼のない服装を心がけることが必要です。

では、厄払い時の理想的な服装とはどういった服装なのか、気になったので調べてみました。まず、男性の場合には、スーツを着用してネクタイを締めていれば、失礼のない服装と言えます。しかし、女性の場合には「わざわざ、スーツを着ていかなければいけないの?」と思われる方も多いでしょう。女性の中には、スーツを持っていない方がいるでしょうから、「そのために、揃えるのは大変」という方もいるでしょう。女性の場合には、スーツまで必要ありませんが、ワンピースといったきちっとした服装であればOKです。ワンピースではない場合には、襟付きの洋服を選ぶと良いでしょう。しかし、襟が付いているからと言って露出度の多い服装をしていくと、神社では断れれてしまうことがあります。あくまでも、神様、仏様の前に出ることになりますから、これらを考えた服装を心がけなければいけません。特に、夏場には気温によっては肌を出した服装をしている方も多いと思いますが、その際はストールを持って行くなど、肌の露出を抑える様にしましょう。
女性が厄払いに行く際には服装も気を付けなければいけません。「どんな服装でも良いと思っていた」という方も多いと思いますが、厄払いは神様、仏様の前に出るということを考えると、ある程度のルールはなんとなく想像がつくと思います。厄払いに行く際には、大人として礼儀ある服装を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です