年齢による違いを知る

みなさんは、厄年を気にするタイプでしょうか。年齢を重ねていくと、「厄年だから、こんなに悪いことばかり起こるんだ」と思うこともあるでしょう。気になる方は、その年の無事を願ってしっかりとお祓いに行っていると思います。こういった言い伝えや風習は、男性よりも女性の方が信じやすい気がします。世の中の女性達は厄年を気にしているのではないでしょうか。

では、厄年の年齢について、私が調べた内容をご紹介します。
まず、女性の本厄の年齢はいくつかというと、19歳、33歳、37歳、61歳となっているようです。しかし、厄年の場合には、前厄、後厄もあるため、前厄は18歳、32歳、36歳、60歳で、後厄は20歳、24歳、38歳、62歳となっています。しかし、61歳の厄年に関しては、地域や、宗教によっても変わってくるため、お住まいの地域別で確認することが必要となります。
これらの厄年というのは、女性にとってライフスタイルの変化時に気にする方が多いのではないでしょうか。結婚、妊娠、出産などは、女性にとって大きな変化となりますから、「今年は、大丈夫だろうか?」と気になる方も多いでしょう。もちろん、厄年だからといって必ず悪いことが起こるとは限りませんし、気にし過ぎていることが逆に悪いことを呼び寄せてしまうこともありますから、「今年は厄年だから気を付けよう」という程度の気持ちで良いのではないかと思います。
このように、厄年を気にする方が多いと思いますが、気持ちの問題とも言えます。気になる時には、神社で厄払いをしておくと安心でしょう。特に、結婚や出産などを控えている方の場合には、厄払いをしておくと良いですよ。厄年以外でも、悪いことが起こることもありますから、気持ちも大切と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です